散歩、ときどきブログの自由気ままなサイト

wordpressを更新しちゃったら投稿・編集ができなくなった!

スポンサーリンク

ブログ
この記事は約3分で読めます。

このサイトはすでにwordpress5.0.3の最新で作成しているので、とくに問題はないのですが、もうひとつのサイトはまだ4.9のままにしておこうとしていたのです。

しかし、ついクセで「更新できますよ」とあったもんだから、

[say]あ、更新だ~。ポチッ[/say]

としてしまったわけですよ。

はっ!気づいた時には、時すでにおそし。

ああああああ…と後悔しても戻らないわけですよ。

しかも、この更新の時に、「今までのインターフェースで使いますか?」っぽいことを聞かれたので ←すでにあやふやなとこがヤバイんですがw

「そりゃ今まで通りで!」としてしまったら、あらたいへん!

 

WP5に更新してしまった結果

ダッシュボードはとくに変わってはいなかったので、ちょっと安心しながら作業を始めようとしたんですよ。

とりあえず、記事のリライトしようと思って編集しようとぽちっとすると

まっしろ

本当にまっしろな画面がでてきました。

[say img=”https://chihaya-ya.net/wp-content/uploads/2018/12/chihaya-iya.png” name=”ちはや”]あたまもまっしろですよ…[/say]

まぁ、はじめての経験なもんでひとりパニック!パニック!大パニック!してました。

 

ネットで検索しまくるけど出てこなーいのです。

 

検索しても求めている答えがでてこないので、さらにパニック!

※更新してしまったサイト、実はコンサル受けてるサイトだったのだ!

「今」を調べるなら!とツイッターで探す探す。

 

探し方にもコツはある

さすが「つぶやき」なだけあって、見つけることができました。

当時、「wordpress5.0 真っ白」などで検索した記憶があります。

ツイッターのタグなっていたりもしますが、状況で検索するなら「#」をつけずにそのまま検索する方が探せます。

同じように「まっしろ」な画面を作ったことがある人がいたので、その情報を元にやったこと。

プラグイン「Classic Editor」を入れる。

これだけ。

プラグインをいれただけで、記事編集も新規投稿も無事、通常通りできるようになりました!

 

よくよく考えてみると、ネットで探すっていうのは「誰かが記事を書いてアップしている」ということなので、現在進行形の直近の事柄を探すならツイッターは情報源として有効なんだと思いました。

 

なんでもwebサイトで探そうとおもっても見つからないということをまっしろになったことで学びました。

 

「wordpressを更新しちゃったら」のまとめ

現状、wordpress5にすることを推奨されていないようですが、いずれ5になっていくわけで遅かれ早かれやるのかなと思うようにしましたw

ただ、今悩んでいる?というか疑問で解決できていないことがあって

どうやったら新しいインターフェースになるのか?

ということです。

プラグインを外してみればいいのかもしれませんが、怖くてまだまだ疑問のままにしておこうと思います。

もうちょっと、いろんなことで余裕ができたらためしてみようと思います。

 

追伸:2020年9月現在では、wordpressは5.5まで更新されていて新しいエディターのGutenbergもかなり進化しています。

私はまだまだclassiceditorのお世話になっていますが、いずれ、新しいエディターにする時がくるのでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました